3月3日(土)

3月1日からインターンの活動をはじめています。
最初は、名前を覚え、かつ覚えてもらうこと。ノートパソコンを持ち込んで
インターネットも使えます(ただし、すこぶる遅い)

前もってインターンシップ先の方に泊まる部屋を探してもらっていたのですが、
ことしは旧英国連邦会議が11月があるとのことで、家賃が非常に高騰しているとのこと。
(最初は月300ドル程度と言われていたのですが、近くにそのような物件はまったく
見つからなかったとのこと。

昨日2件回ったのですが、値段が高すぎたり、遠かったり(カンパラは交通渋滞がひどい)
でいまいち。
途方に暮れていたら、タンザニアから来ている研究員の一人が、一軒の家を推薦
してくれました。本格的にゲストハウスにしようと改装している途中の家の2階の一室です。
とても安全で快適だったとのこと。(ただ彼は家族で来ているので、手狭なため
近所に引っ越したらしい)
そこに決め、今日引っ越ししました。
# by bananauganda | 2007-03-04 11:04

3月1日

昨日、インターンシップ先の事務所にあいさつに行きました。
今週は、事務所でワークショップを開催中なのですが、コンゴ人のゲストの方が急病で、
病院への搬送やコンゴへの連絡等、大忙し。

ワークショップにすこしだけ参加しました。ウガンダに新品種のバナナを導入するときの、
地域による嗜好の違いについての発表でした。3地域において、10数種類もの新品種を
農家の人にテストさせていました。ウガンダの仲でも、地域によって嗜好性が
ことなる部分があります。わたしは、地域内の変異について質問しました。
# by bananauganda | 2007-03-01 17:37

2月28日

朝、カンパラに到着しました。ナイロビ経由で飛行機を使いました。
前日はナイロビ市街がトレーラーが事故で横転してしまい、道をふさいで
ケニア人の方いわく、ここ十年来の大渋滞。
結局チェックインに間に合わず、今日にフライトを変えました。

飛行機で右隣の人は、砂糖工場で働いている方(インドに留学していたそうです)、
左隣はなんとウガンダの国会議員さんでした(モザンビークで会議に出席したとのこと)。

機内で朝食が出たのですが、全部食べるまもなく着いてしまいました・・・。
# by bananauganda | 2007-02-28 18:29

インターンシップ準備

2006年3月から8月まで、ウガンダの国際研究機関Bioversity Internationalのウガンダ支部へインターン活動をしに行きます!

IPGRI(=国際遺伝資源委員会)、INIBAP(バナナ・プランテインにかんする国際研究機関)といった諸機関が昨年の12月に合併して名称を変更したそうです。ウガンダには、もともとINIBAPの東アフリカ・南部アフリカ支部がありました。
わたしは、International BiodiveristyのBanana and Plantain Sectionの活動に参加させてもらいます。

準備・活動内容、ウガンダのバナナのいろいろを紹介できればと思っています。
# by bananauganda | 2007-02-07 16:34

履歴

佐藤靖明(さとう やすあき)

専門: 民族植物学、アフリカ地域研究(とくにウガンダ、ルワンダ、エチオピア)、バナナ学

研究内容
1. 東アフリカ大湖地方におけるバナナの民族植物学
2. バショウ科作物(バナナとエンセーテ)を基盤とする生業システムの比較研究
3. ホームガーデンと生活世界に関する研究
4.樹皮布の民族植物学

1995.4-1999.3  東北大学理学部地圏環境科学科卒業
1999.4-2001.3  東北大学大学院理学研究科地学専攻・博士前期課程修了(修士・理学)
2001.4-2008.9  京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 
              5年一貫制博士課程 単位取得退学(修士・地域研究)
2009.3  博士(京都大学、地域研究)

2008.10-2009.3 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 研究員(科学研究)
2008.4-2011.3  神戸山手大学現代社会学部 非常勤講師
2008.9-2010.9  近畿大学農学部 非常勤講師
2009.4-2011.3  大阪産業大学人間環境学部 客員講師
2010.4-現在     東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員 
2011.4-現在     大阪産業大学人間環境学部 専任講師 (現本務校)
# by bananauganda | 2001-05-01 00:00 | 研究・教育プロフィール

研究教育プロジェクト

「バナナの足」研究会
http://www.geocities.jp/banana_rnj/

アフリカ地域社会における集約的農業と遺伝資源保全の両立に関する研究(科研費・若手研究B・2009-11年度)
http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/21710257

森・川・田んぼ共育プロジェクト(大阪産業大学プロジェクト共育)

歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究・2010-12年度)
# by bananauganda | 2001-04-02 00:00 | 研究・教育プロフィール

委員

国際農林業協働協会 平成21年度 途上国支援のための基礎的情報整備事業「自給的作物研究」国内検討委員

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールド研究者ネットワークウェブ構築委員(2008年度~)
# by bananauganda | 2001-04-01 00:00 | 研究・教育プロフィール

共著

佐藤靖明「東アフリカ高地系バナナ」国際農林業協働協会(編)『アフリカの料理用バナナ』、pp.8-16、2010年3月.

佐藤靖明「ウガンダにおける料理用バナナの栽培と利用」国際農林業協働協会(編)『アフリカの料理用バナナ』、pp. 48-73、2010年3月.

佐藤靖明「農家の営農の実態」国際農林業協働協会(編)『ウガンダの農林業』、pp.71-78、2010年3月.
# by bananauganda | 2001-03-01 00:43 | 研究・教育プロフィール

投稿論文

佐藤靖明「人とバナナが織りなす生活世界―ウガンダ中部ブガンダ地域におけるバナナの栽培と利用」『ビオストーリー』(生き物文化誌学会)第2号、pp.106-121、2004年10月.
# by bananauganda | 2001-03-01 00:00 | 研究・教育プロフィール

学位論文

佐藤靖明『アフリカ農耕民の生活世界の編成に関する研究―ウガンダ中央部ガンダにおけるバナナのエスノサイエンス』 京都大学博士論文(地域研究)、2009年3月25日.

佐藤靖明『バナナの民族植物学的研究―ウガンダ中部ブガンダ地域における栽培・利用・分類―』 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士予備論文(修士論文相当)、2004年3月31日.

佐藤靖明『北ガーナの穀物流通における都市定期市の卸小売機能―ナブロンゴ市の事例―』 東北大学大学院理学研究科修士論文、2001年3月31日.

佐藤靖明『香港におけるスクウォッターの空間的分布の変化と住宅政策』 東北大学理学部卒業論文、1999年3月31日.
# by bananauganda | 2001-03-01 00:00 | 研究・教育プロフィール

ニュースレター・報告書

Yasuaki Sato "Ethnobotanical Study of Local Practices Maintaining Landrace Diversity of Bananas (Musa spp.) and Enset (Ensete ventricosum) in East African Highland"
Working Paper: G-COE Series 59, ASAFAS, Kyoto University, 2009.
http://www.humanosphere.cseas.kyoto-u.ac.jp/article.php/workingpaper59

佐藤靖明 「東アフリカの生業基幹作物バナナ(Musa spp.)とエンセーテ(Ensete Ventricosum)の遺伝資源をめぐる在来知の変容プロセス」G-COEプログラム「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」次世代イニシアティブ2007年度研究報告書、2008.
(要旨)
http://www.humanosphere.cseas.kyoto-u.ac.jp/article.php?story=2007_jr_sato_j

Yasuaki Sato "Internaship Activities Report" Bioversity International, 2008.

佐藤靖明 「東アフリカ大湖地方におけるバナナの品種多様性に関する人類学的研究 ―Bioversity Internationalでのインターンシップ活動―(1)(2)」『実践的地域研究―魅力ある大学院教育イニシアティブ・臨地教育研究による実践的地域研究者の養成 平成18年度~19年度・ フィールドワーク・インターンシップ実施報告書集』、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・魅力ある大学院教育イニシアティブ・プログラム「臨地教育研究による実践的地域研究者の養成」インターンシップ報告、2007.
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/miryoku/j/list/list_is_2006.html

佐藤靖明 「樹皮布づくりとバナナ農耕の接点―ウガンダ中部ブガンダ地域より」『熱帯生態学会ニューズレター』64、pp.8-13、2006.
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaste/NL/064JasteNL.pdf

大山修一、四方かがり、佐藤靖明 『アフリカにおけるバナナの栽培技術に関する農業生態学的研究』平成15年度日本学術振興会熱帯生物資源研究助成事業研究助成金報告書、2004.

佐藤靖明「ウガンダ中部ブガンダ地域におけるバナナの栽培・利用・分類」『生態人類学会ニュースレター』10、pp.2-4、2004.
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ecoanth/nl/10.pdf
# by bananauganda | 2001-03-01 00:00 | 研究・教育プロフィール

エッセイ等

佐藤靖明「アフリカでバナナを使い、味わい、調べる」『フィールド+』第2号、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、pp.16-17, 2009.

佐藤靖明「バスケット工芸―バナナをつかって―」『アフリカンアート&クラフト』明石書店、pp.32-33, 2007

佐藤靖明「テキスタイル―樹皮布づくり―」『アフリカンアート& クラフト』明石書店、pp.34-35, 2007

佐藤靖明「バナナとエンセーテ」京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科エチオピアフィールドステーション・エチオピアフィールドだより(メールマガジン), 2006
http://archive.mag2.com/0000174460/20060622131213000.html
# by bananauganda | 2001-03-01 00:00 | 研究・教育プロフィール