<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インターンシップもうすぐ終了

インターンシップ活動がもうすぐ終了します。
向かいの席だった研究員のFrank Turyagyendaさんは、
来週タンザニアのブコバへワークショップに行くらしく、
金曜日でお別れの挨拶を交わしました。

振り返ると、8ヶ月間もBioversityの事務所で
お世話になりましたが、あっという間でした。
実に多くのバナナ研究者に会いました!

いまは最後の仕事として、報告文書きと、
事務所のDeborah Karamura博士との
今後の共同研究プロジェクトに向けた
プロポーザルづくりをしています。
by bananauganda | 2007-10-20 23:32 | バナナ

調査村訪問

先日、ウガンダ南部の私の調査村に行ってきました。
約1年ぶりの、懐かしさあふれる訪問でした。

カンパラに来た村人の方や携帯電話で情報は聞いていたのですが、
今年の村周辺は、雨が例年よりかなり少ないようです。
(少ないと言われた昨年よりもさらにひどいようです)
今年はウガンダ中・北部は大雨なのに、不思議です・・・
ただ、インゲンマメはまずまず伸びはじめていました。

いつも泊めさせていただいている家に行くと、さっそく
マトケのもてなしで、うれしい限りです。カンパラで
慣れてしまった舌にとって、村のマトケはまったく
違うなめらかな触感!


いつも勉強させてもらっていたバナナ畑では、妙に話が弾みます。
話好きのおじさんと、私のガンダ語の先生
c0114494_1754289.jpg


樹皮布づくりの季節でした。
c0114494_17551714.jpg


村周辺
c0114494_17555695.jpg

by bananauganda | 2007-10-16 18:03

シンポジウム

10月2,3日にウガンダのマケレレ大学において、シンポジウム
"Re-contextualizing Self/Other Issues: Toward a HUMANICS in Africa"
を開きました。主催は、マケレレ大学、京都大学アフリカ研究資料センター、日本学術振興会です。

メンバーらにとってはじめてのウガンダ・日本ジョイント開催ということで、準備も
慣れないことの連続でしたが、大変刺激的で、思い出深いシンポジウムになりました。

Self(自己)とOther(他者)の認識問題は、私がアフリカに関わりはじめた初期に
ガーナで調査していた頃、市場のおばちゃんから「どうしてそんなことを聞くの?」と
言われてうろたえてから、つねに考えていた気がします。
これは、なぜ私がアフリカと関わるのか、関わりつづけるのか、という動機とも関わり、
根が深い問題でもあります。
今回は、より広く、アフリカにおける自己と他者の概念と実際問題について、みんなで
一緒に考えるよい契機となりました。

私はセッションB(Creational Issues)で、ガンダのバナナ栽培がどのように創造的
なのかについて発表しました。バナナやバナナ畑に対する農家の人たちの見方のうち
美的な関心について質問・意見があり、今後つきつめて考えていきたいところです。
もっとも、私がバナナ栽培について表現したことを、かれらが新鮮に受けとめてくれたこと
自体が、こちらで発表する醍醐味でして、面白かったです。

バナナというとつい農学的な視点からみてしまいがちですが、それは一部で、
日常生活との関わりにおいてさまざまな話題に満ちていることは、今後のアフリカ農業の
可能性でもあるのだと思います。

プログラム

Makerere University, Senate Conference Hall

2nd October 2007

09:00-09:10
Opening Remarks
Prof. Livingstone S. Luboobi Vice Chancellor, Makerere Univ.
09:10-09:20
Speech on Key Note
Itaru Ohta, Kyoto Univ. Itsuhiro Hazama, JSPS

Session A: Theoretical Issues on African Anthropologies and African Studies
What Is the Self/Other in the Contexts of African Anthropologies and African Studies?

09:20-09:30
Sessionary Introduction A
Anthony Simpson, Univ. of Manchester
09:30-10:00Presentation A-1
The Rhetoric and Strategy for African Ethnographies:
Structures of Interpretation/Translation of ‘Culture’ and ‘Society’
Gaku Moriguchi, Hitotsubashi Univ.
10:00-10:30Presentation A-2
Pastoral Poetical World of Imagination: Emancipation of the Self
Itsuhiro Hazama, JSPS
10:30-11:00Tea Break
11:00-11:30Presentation A-3
Social Changes, Modernity and Communality among Agrarian Societies in East Africa
Soichiro Shiraishi, Kyoto Univ.
11:30-12:00Presentation A-4
Indigenous Practices for Peace among ‘Violent” Pastoralists in East Africa
Toru Sagawa, Kyoto Univ.
12:00-12:20
Comment
Valentin Y. Mudimbe, Duke Univ.
12:20-13:00
Open Discussion in Session AChairperson: Anthony Simpson, Univ. of Manchester

13:00-14:00Lunch Break

Session B: Creational Issues on African Anthropologies and African Studies
How Can We Express the Self/Other’s Experiences in African Contexts?

14:00-14:10
Sessionary Introduction B Itaru Ohta, Kyoto Univ.
14:10-14:40Presentation B-1
Identity, Gender and Representation: Reflecting on the Sculpture ‘Mother Uganda’
Rose Kirumira, Makerere Univ.
14:40-15:10Presentation B-2
Livelihood and Creativity: A Cultural Implication of Indigenous Banana Cultivation in Buganda
Yasuaki Sato, Kyoto Univ.
15:10-15:40Tea Break
15:40-16:10Presentation B-3
Muthunguci: Dancing through A Cultural Landmine among the Kikuyu
Mike Kuria, Daystar Univ.
16:10-16:40Presentation B-4
Karioki show : The New Popular Entertainment in Kampala
Midori Daimon, Kyoto Univ.
16:40-17:00
Comment
Okot Benge, Makerere Univ.
17:00-17:40
Open Discussion in Session BChairperson: Itaru Ohta, Kyoto Univ.



3rd October 2007

Session C: Practical Issues on African Anthropologies and African Studies
How Can We Interrogate the Relationship between the Self and the Other in African Contexts?

09:00-09:10
Sessionary Introduction C
Edward Kirumira, Makerere Univ.
09:10-09:40Presentation C-1
Traditional and Modern Medicine in the Fight against HIV/AIDS Scourge
Wotsuna Khamalwa, Makerere Univ.

09:40-10:10Presentation C-2
Culture, Sexual Values and AIDS Risk among the Batoro, Western Uganda
Charles B. Rwabukwali, Makerere Univ.
10:10-10:40Tea Break
10:40-11:10Presentation C-3
The Whereabouts of Traditional Custom ‘Levirate’ among Kenya-Luo Society
Wakana Shiino, Tokyo Univ. of Foreign Studies
11:10-11:40Presentation C-4
Masculine Selves and the Civilising Mission: ‘Race’, Education and Sexuality in Zambia
Anthony Simpson, Univ. of Manchester

11:40-12:00
Comment
Nobuhiro Nagashima, Chubu Univ.
12:00-12:40
Open Discussion in Session CChairperson: Edward Kirumira, Makerere Univ.

12:40-14:00Lunch Break

Special Speech and Discussion
14:00-14:45“ On the Idea of Humanity in the Name of Similitude”Valentin Y. Mudimbe, Duke Univ.
14:45-15:30Discussion
15:30-16:00Tea Break
General Discussion
16:00-17:30General DiscussionChairperson: Itaru Ohta, Kyoto Univ.
17:30-17:50
Concluding RemarksEdward Kirumira, Makerere Univ.
by bananauganda | 2007-10-10 21:07 | ウガンダ