セミナー

セミナーを企画し、今日実施しました。
"Interface of anthropology and biodiversity"

私の事務所の方やCIP(International Potato Center)の方が来てくださりました。
ドメスティケーションや家畜・栽培植物の多様性に関する日本の生態人類学的研究について、
波佐間逸博さん(日本学術振興会ナイロビ・研究ステーション)から、コメントをいただきました。

私を含めて9人の研究者が、現在の作物の品種多様性、遺伝資源の現地保全に
関する研究に、人類学がどのように貢献できるのかをめぐって、話し合いました。

・私の発表に対して、経済的な要因以外にも注目して調査をおこなう人類学的なアプローチ
が新鮮に映ったようです。
市場経済と多様性との関係に関して、たとえばウガンダ西部では、カンパラへの出荷が
増えているにもかかわらず、品種多様性が逆に増えている、というコメントも受けました。
市場経済化と、品種多様性はかならずしも対立するものではなく、その間に非常に多くの
要因が絡んでくることを確認しました。
このあたり、昨年京都でおこなったワークショップでも議論になったところです。

・男女の認識や行動の違いについて、議論されました。
品種の識別をめぐって、それに限らず、女性はなにごとも、細かく認識する傾向がある、
といったことを、ある研究者が説明していました。

・サツマイモの場合は、世帯における品種構成が、歴史的に大きく変化してきたそうです。
それは、バナナの場合と大きな違いであることが分かりました。

・どのように一般化するのか、という問題で、人類学でよく用いられる、
狭い範囲で統計学をあまり用いない方法は、生物学プロパーの人たちには受け入れにくく、
そこが、二つの分野を隔てるものだ、ということも指摘されました。
。ただ、どちらにも良い点があります。
どのように相補的にするのか、という実践的問題は、セミナー以後も、つねに課題となりそうです。


------------------------------------------------------
"Interface of Anthropology and Biodiversity"
Time: 10:00-12:00, 2 August (Thursday)
Venue: Boardroom, Bioversity International, Uganda

This seminar focuses on anthropological approach to biodiversity.
At first, some characteristics of anthropological perspective are introduced.
Secondly, a case study of banana farmers in Buganda is presented.
Finally, we discuss how anthropological approach can contribute
to in situ crop genetic resource management.

Programme

1 Anthropological Approach to Landrace Diversity of Bananas.
SATO Yasuaki (Kyoto University, Japan)

2 Comment.
HAZAMA Itsuhiro (Japan Society for Promotion of Science, and Kyoto
University, Japan)

3 Discussion
c0114494_22362646.jpg

by bananauganda | 2007-08-02 22:36


<< BARNESA Steerin... バナナのコンサート >>