ウガンダのバナナ

これから、徐々に、カンパラでみられるバナナの種類を紹介していきたいと思います。

マトケの種類は多く複雑なので、それ以外のものから。

おもに生食用につかわれるものは、おもに次の二種類です。

1ndiizi、sukali ndiizi(ABだと思われていたが、遺伝子分析により最近ABBと分かる)
いわゆるモンキーバナナ。小さくとても甘いです。

2bogoya(日本でみるいわゆるバナナと形が似ている。Gros Michael系(日本はCavendish)。
スーパーマーケットでは、「アップルバナナ」とよばれるものです。たしかに、かすかに
リンゴっぽい香りがするような気がしますが・・・。
*2には、たまに赤っぽい品種があり、風味が少々ちがいます。ウガンダ人にとって、好みが分かれるところです。
by bananauganda | 2007-04-23 16:51


<< ディーゼルの値段 マトケの味と食感 >>