バナナのエスノサイエンス

6月12日と19日に、法政大学の学生さんの前でお話をさせていただく機会がありました。エスノサイエンスがキーワードということで、ウガンダのバナナの話を題材にしながら、人びとの「知識」をどのように調べるのか、といった点について経験を交えて語りました。1回目は食と農について、2回目は品種多様性についてでした。バナナの面白さばかりが強調され(笑)、エスノサイエンスの面白さが伝わったかは心元ないのですが・・・。微力でも、バナナやアフリカを通してご自身の環境観、自然観を豊かにすることに貢献できたら幸いです。
by bananauganda | 2010-06-21 21:35 | バナナ


<< アフリカの料理用バナナ ルワンダ出張 >>